みんなで大家さんをしたときの不動産会社のける宣伝

任意のグループ(本文ではA、B、Cとしておいている)、がそもそも今まで述べてきたこと以外のことにプラスアルファできることとして、宣伝費などの広告費の金額の相違が出てくるかもしれないという可能性があるということです。

A、B、Cというメンバーでみんなで大家さんをする場合、とある不動産会社1社からこの3名のみんなで大家さんをしているグループをしているところには、3人全員に宣伝費を出す必要はまったくありません。

というのも、一人だけが任意の不動産会社について、知っているなど、過去にやりとりがある場合は、過去に商売という形で宣伝が終了しているからです。

なので、この任意の不動産会社が、改めてこのA、B、Cの大家さんに対して、宣伝する必要がないのです。

なので、A、B、C、の大家さんのいずれかの方に宣伝している場合は、改めて、みんなで大家さんをしているグループに対して、宣伝する必要がないので、広告費なども必要が無くなるのです。

ですから、営業で獲得した大家さんの存在が肝要です。

上記に述べてきたグループ内でみんなで大家さんをしている人(A、B、C)というメンバーで構成されている場合、これ以上に新聞などにチラシをして広告する宣伝費が必要がない場合は、A、B、Cという大家さんの中で一人でも信頼のおける人で過去にやりとりがある場合は宣伝する必要がありません。

これらのことから、この中での宣伝費は省かれますが、他の大家さんに宣伝して不動産会社が儲けたいという意味合いを含んでいて、これを行動に移すときは、やはり宣伝費はかかってしまいます。

県内規模で宣伝している不動産会社もあれば、全国規模で宣伝している不動産会社もあることでしょう。

しかし、皆で大家さんをするということは、その共通認識と共感脳がどこまで働いているかということにも相関性を鑑みることができます。

みんなで大家さんをしているつもりでも途中で、その大家さんごとに軋轢ができてしまい、みんなで大家さんはできないという人も出てくるのかもしれません。

「みんな」

という認識を共通のものにする必要があるのです。